minka - 眠家 -

2019/05/01 19:07

少し前になりますが、新しいブランドである<POET MEETS DUBWISE>の取扱がスタートしました。

<眠家オンラインストア>では絶好調で、日々売れているヒット商品です。


<眠家>はアパレル関連の商品はそんなに多くありませんが、「Don't Sleep」のスローガンにハマる、音楽と密接に関係したこちらのブランドは取り扱わずにはいられませんでした。それも下田法晴さんが作っているとなればなおさらのこと。

知らない方もいらっしゃると思いますが、<眠家>のロゴデザインは下田さんが手がけています。それ以外にも11月頃に毎年発売しているアニバーサリーアイテムもお願いしています。

その下田さんが本格的にブランドを始めたのが<POET MEETS DUBWISE>です。




POET MEETS DUBWISEってどんなブランド?

<POET MEETS DUBWISE>を語る前に、まずは<SILENT POETS>に、そして下田さんについて少し触れたいと思います。


下田法晴さんはミュージシャン、DJ、プロデューサー、グラフィックデザイナーです。1992年に<SILENT POETS>としてデビューし、近年で言いますと2016年にラッパーの5lackをフィーチャーしたNTTドコモStyle20’ CMソング「東京」が ACC TOKYO CREATIVE AWARDS クラフト賞サウンドデザインを受賞、2018年、12年ぶりのオリジナルアルバム"dawn"をリリース(めちゃくちゃに名盤です!)。

収録曲の「asylums for the feeling」は小島秀夫監督が手がけるPlay Station 4用ゲーム「デス・ストランディング」のテーマソングに起用されました。


ということで、まずはミュージシャンとしての顔があります。といいますか、表向きの顔は基本的にミュージシャンですので、実はデザイナーという顔があることを知らない方は結構いらっしゃるかもしれません。

メジャーなところで言いますと<SOPH.>が運営するファッションブランドの<SOPHNET.>や<F.C.R.B.>のロゴもデザインされていますし、バンドの<androp>のロゴも下田さんです。

その他にも数え切れないくらいデザインをされています。もちろん、自身のCDのアートワークも手がけています。


<POET MEETS DUBWISE>では、今までの<SILENT POETS>で発表してきたアートワークを落とし込んだり、改めてタイトルをグラフィック化するなど、ファン垂涎のアイテム展開である一方、全く知らない方にとってもシンプルかつハイクオリティなデザインで着やすいアイテムが豊富です。




眠家で別注しました

そんな<POET MEETS DUBWISE>

親交のある<眠家>では、ブランド本格スタートのこのタイミングで別注をお願いしました。

ブランド名を背中にプリントした、最もスタンダードなタイプのTシャツを<眠家>らしくエナジーカラーのマゼンタピンクでアレンジさせていただきました。

パーカもミッドナイトネイビーのプリントで別注したのですが、もうほとんどなくなってしまいました…。


現時点では取扱店舗は限られており、アイテムそのものが枯渇状態でもあるのですが、そんな中でも別注カラーは店舗の方でも人気が高く、ファンの方もそうでない方も手にして帰っていきます。

大人が着ても嫌味っぽくないプリントものですし、それこそ10代が着るとフレッシュにも見えるという、幅広い層にハマるデザインです。




眠家でインタビューしました

つい先日、新潟にいらした際、お店にも遊びに来てくださり、そのタイミングでインタビューをさせていただきました。前日はパーティーがあってお疲れのようでしたが、とても快くお受けしていただきました。ありがとうございます!

そのインタビューは<眠家オフィシャルサイト>の方で公開しましたので、あわせてご覧ください。前日のパーティーの様子も少しだけご覧いただけます。

特集は<こちら>よりどうぞ。


もちろん、他のアイテムも<眠家オンライストア>で絶賛発売中です。完売やサイズ欠けもありますし、残りわずかとなっていますので、お早めに!




ブランド POET MEETS DUBWISE×眠家

アイテム POET MEETS DUBWISE T-SHIRTS

プライス ¥ 5,200+tax

サイズ  S,M,L,XL

カラー  ホワイト/ブラック(プリント:マゼンタピンク)