minka - 眠家 -

2019/06/22 19:00



発売する度に注目度の高い<POET MEETS DUBWISE>から新作が届きました。

その中でもの、今までに展開のないTシャツをご紹介します。





どの辺がビッグシルエット?


今までのTシャツと大きく違うのは肩幅と袖丈です。着丈も異なりますが、微差。身幅もやや大きい設定です。

見た目は全体的に大きいなと感じられる程度にはビッグですが着丈が普通のTシャツ程度なので、ただの大きなTシャツに比べるとスッキリした印象で、ダボダボに感じるほどではありません

最も特徴的なのは肩の縫い目が腕側に大きく落ちる「ドロップショルダー」。女性的なニュアンスのひとつでもありますね。着た時に肩に丸みが強調され柔らかな印象になります。

ストリートっぽさもありつつ、どことなく上品さもあります。





首周りの工夫で顔周りの印象が変わる


こちらも通常のTシャツと違うところで、実は首周りのリブが若干細い設定です。

ただ大きいTシャツですと、リブも比例して目立つのでカジュアル感が強調されます。しかし、ビッグシルエットTシャツに使われているこのボディではリブが細いため、全体のルーズなシルエットに対して顔周りは意外とスッキリとまとまるのがポイント。

大人の方でも、ビッグシルエットは挑戦したいけどやっぱりちょっと若者感に抵抗がある、という場合も着てみると案外「悪くないじゃん。むしろ結構いいじゃん!」という具合。

余談ですが、タグがめちゃくちゃかっこいいです。




奇をてらわないかっこよさが大人向け


<POET MEETS DUBWISE>の良さはボディの塩梅もさることながら、やはりグラフィックの良さにあります。

下田さんの手がけるグラフィックには実直さやストレートなかっこよさを感じるんです。シルエットはトレンドらしさも取り入れていますが、グラフィックの方は普遍的で不変的な空気をまとっています。ここでは紹介していませんが、今までの自身のCDのアートワークや写真なんかにも同じものを感じます。

そんなところが大人にぴったりだと思いませんか?

カジュアルすぎたりストリート過ぎたりすると、「かっこいいな」と思えても世間の目が気になって使いづらいと思ってしまうものも、しっかりバランスをとっているので40歳や50歳が着てもかっこよく映るんです。


他のTシャツもぜひ見てみてください。




ブランド POET MEETS DUBWISE

アイテム SAVE THE DAY OVERSIZED POCKET T-SHIRTS

プライス ¥ 6,400+tax

サイズ  S,M,L,XL